いわゆる歯科とはホワイトニングは異なる

そもそもオフィスホワイトニングというのは、歯の表面に薬剤を塗布させ、レーザーや光を当てることで歯の色素を分解させていきます。
術後には綺麗な歯をすぐに実感することができ、即効性がホワイトニング人気の要因なのです。
ホワイトニングと呼ばれる治療は、コーヒーやお茶、また加齢などで着色してしまった歯を、削る必要なく白くすることの出来る治療のことを言います。
美しい歯を実現することで、笑顔が美しくなり、自分に自信を持ち前向きな人生を送ることができるようになるでしょう。

 

ホームホワイトニングでは自分の歯の形をしたマウスピースをまずは作成し、専用の薬剤を入れ装着をすることになります。
低濃度の薬品であるため安全性も高いなど、ホームホワイトニングにも様々な薬品が使われています。



いわゆる歯科とはホワイトニングは異なるブログ:17-07-20

体重は減ったはずなのに、
なりたかった体型になっていない…
皆様は、こんな事ありませんか?

例えば…
自分と同じ身長・体重の仲間がいたとしますよね。
なのに、自分の方が太って見える。

体重だけ見たら細いはずなのに、
実際はそんなに細く見えない…
なんだかブルーな気持ちになってしまいますよね。

オレは着痩せタイプだったので、
実際の体重より少なく見られる事もありました。
しかし、それはあくまでも着痩せしているから…

やはり、同じ身長・体重の仲間と比べると実際は太い!
すごく嫌だったんです。

頑張ってダイエットだってしているのに、
なんで理想の体型にならないんだろう…
といつもモヤモヤしていました。

しかし、あるダイエットをやってみて
その理由が解ったんです。

それは、
体重を減らそうと
食べる事制限とトレーニングだけ、頑張っていたからなんです。
トレーニングは大切ですが、オレの場合無理しすぎていたんです。

そして、最も大切な食べる事。
この食べる事をオレはバランスよく改善するのではなく、
早く痩せようと制限していたのが間違っていたんです。

食べる事自体が偏ったり食べなかった事で体重は落ちても、
スタイルはついていかなかったという事だったんですね。

例えば、風邪の時、
ご飯が食べられなくて、寝込んでしまったとします。

元気になって体重を計ったら、食べられなかった分痩せていた。
しかし、それは痩せたのではなく、やつれただけですよね?

食べないダイエットも同じような感じなんだと思います。
体重は落ちたのに、なんだかやつれた印象がある。

オレはバランスよく食べる事をして、
適度なトレーニングをし始めてから、
体重とスタイルのバランスがとれてきたような気がします。